隠れ家のような古本店で、文学的な気分に染まる | おでかけ | にいがたとりっぷ

にいがたとりっぷ

HOMEおでかけ隠れ家のような古本店で、文学的な気分に染まる

おでかけ

隠れ家のような古本店で、文学的な気分に染まる

古本詩人ゆよん堂

※最新の情報とは異なる場合があります。ご了承ください。

  • はてな
  • LINE
日刊にいがた 2019.08.29公開

もともとギャラリーだったという店内には、本がぎっしり。レコード盤から流れるBGMが心地よさを演出しています。店名の「ゆよん」は、中原中也の詩『サーカス』の、空中ブランコの動きを表した一節から。「空中ブランコが揺れるように、現在と過去を行き来できる場を作りたい」と店を開いたという店主・山田さん。

  • はてな
  • LINE

関連記事

タグ

記事投稿者

関連情報

© 2019 Niigata Trip.